Choke Point | 『ゼルダの伝説 夢をみる島』海外レビュー

『ゼルダの伝説 夢をみる島』の海外レビューです。『ゼルダの伝説 夢をみる島』のSwitchリメイクは、オリジナルの欠点を殆ど修正しつつ、その良さを維持、もしくは拡張している。稀にカクつくことはあるものの、綺麗になったグラフィックもマッチしている。数時間プレーするだけで、『ゼルダ』ファンが『夢をみる島』を愛している理由を思い出せるはずだ。『夢をみる島』のリメイクで子供の頃の気分が味わえなかったのは悲しいが、どんなゲームでもそれは無理だろう。私はそれで良いと思っている。常に新しい思い出が生まれているからだ。『神々のトライフォース2』と『ブレス オブ ザ ワイルド』が私の人生に魔法をもたらしてくれたのは、私と一緒に育ってきたからなのだ。では、『夢をみる島』はどうだろうか?私の心の中で健在だ。たとえ子供の頃の記憶を再現できなかったとしても、心から愛している。それだけ思い入れのあるゲームを、公平に評価する方法など存在するだろうか?そこで、頑張って方法を考えだした。『夢をみる島』を誰かに渡す時は、このバージョンだろうか?子供にプレーして欲しいゲームだろうか?その答えはどちらもイエスだ。実際、かつての魔法を再現してくれている。ただ、私が思っていたようなタイム・マシンでなかったというだけだ。『ゼルダの伝説 夢をみる島』の2019年リメイクを簡潔におススメするとするなら、次のようになるだろう。数週間前にオリジナルをクリアした私は、本作が全てをコピーしたリメイクではないことを願っていた。オリジナルから数十年を経た今、ダンジョンは少し練り込み不足で、操作性は古臭く感じられたからだ。自分で行き先を決められた『神々のトライフォース2』と違い、手掛かりを入手して少しずつワールドマップを進んでいくのも、昔気質に感じた。それでも、再びコホリント島を探索し、最後の秘密を解き明かす頃には、喜んで自分が間違っていたことを認めることができた。『夢をみる島』は1993年当時の感触を維持しつつも、プレー感覚や操作性は2019年に作られたレトロ風ゲームのそれなのだ。技術は進化しながらもゲーム自体は奇抜かつパズル中心な2Dゲームであり続けた、別の時間軸で生まれたかのようなゲームである。そういう意味では、タイム・トラベルと呼んでも良いかもしれない。コンセプト: 『ゼルダ』の古典をSwitchで忠実に再現した、シリー

www.choke-point.com